最新登録店舗

カテゴリ:


貧血改善プログラム
商品名
貧血改善プログラム
住所
全国メール対応
pick up!
【貧血改善】体内環境師ERIKAが教える「貧血改善プログラム」
商品詳細

急なめまいがしてクラクラする

歩いていると立ちくらみがする

突然その場にしゃがみこむ

などと悩んでいませんか?


■実は貧血は我慢することなく毎日の料理で改善する方法あります!

※TV・雑誌等で活躍している体内環境師ERIKAが「貧血を改善する方法」をお教えいたします。

>> 【貧血改善プログラム】体内環境師ERIKAが教える「貧血改善プログラム」
貧血の症状は、めまい、動悸、息切れ、疲れやすい、頭痛、耳鳴り、顔色不良などがあります。

貧血かどうかの診断基準ですが、正常の場合、赤血球数(万個/mm3)は男性なら410~530、女性なら380~480、ヘモグロビン(g/dl)は男性14~18、女性12~16となっています。この値を下回る場合「貧血」と診断されます。

貧血は鉄分不足が主たる原因で生じる状態ですが、鉄分が不足する原因はいくつかあります。

1)無理なダイエットや減量を行うと、鉄の摂取不足が生じますので注意が必要です。鉄の吸収の悪い人もいます。

2)妊娠中の女性や成長期の子供は、鉄の需要が増加するため貧血になりやすいです。

3)胃・十二指腸潰瘍、痔、子宮筋腫、外傷などの出血によって、貧血になることがあります。

4)激しい運動をする人は、赤血球が早く壊されて鉄分が不足しがちです。

出血による貧血の場合は、その出血の原因となっている病気の治療がまずなされます。それ以外は食事療法、重症の場合は、鉄剤を投与する必要があります。
貧血とは、血液中の赤血球(ヘマトクリット)や、赤血球に含まれる血色素(ヘモグロビン)の量が少なくなることです。貧血は、ヘモグロビンの原料となる鉄が不足して起きる「鉄欠乏性貧血」というのが最も多いですが、その他の原因で起きる貧血もいくつかあります。

ヘモグロビンは、酸素を体の中に運び、二酸化炭素を持ち帰って肺から排出するという重要な働きをもっています。よって貧血でヘモグロビンが少なくなると、体が酸素不足の状態となり、さまざまな症状が起きます。

鉄欠乏性貧血の他には、骨髄の造血機能に異常が生じて、赤血球の母細胞がうまく造られなくなる「再生不良性貧血」、ビタミンB12や葉酸が欠乏して赤血球になる前の段階の赤芽球が成熟できなくなる「巨赤芽球性貧血」、赤血球が普通より早く壊されてしまい、赤血球が不足する「流血性貧血」といった種類があります。