ホーム > 家づくり > 注文住宅で建築するなら、気密性能と断熱性能にこだわりたい

注文住宅で建築するなら、気密性能と断熱性能にこだわりたい

注文住宅では顧客が自由に家を作ることができます。自由に家を建築できるのであれば、こだわるべきところは、気密性能と断熱性能といえます。

 

気密性能は、家にできる隙間のことで、気密性能が高いと、家に隙間ができにくいので、隙間風などに悩まされることも少なくなります。

 

断熱性能は、壁の中に埋め込む断熱材によって、太陽からの直射日光などによる熱などを防いで家の中の温度変化を少なくして快適な住み心地を提供してくれる性能です。

 

気密性能、断熱性能に関しては、注文住宅を提供してくれるメーカーによっても技術力の差があります。気密性能に関する数値「C値」や断熱性能に関する値「Q値」をメーカーも多いので、この数値を比較して、数値の値が小さいほうが性能がいいので、その値を比較に利用してみると言うのもおすすめです。

 

断熱性能、気密性能に関しては家が完成してしまうと、性能アップもなかなか難しいので、家を建てる当初から、断熱、気密性能にこだわった注文住宅つくりをすると快適な家を堪能することが出来ます。

 

フリーダムアーキテクツデザインの口コミ・評判は良いの?