ホーム > 食品 > 備蓄食品で安心元気に

備蓄食品で安心元気に

地震をはじめとする災害にたびたびみまわれる日本。いざというときの為に家族間で避難方法を話し合ったり、防災グッズを準備・補充しているご家庭は多いのではないでしょうか。

 

備蓄食料として重宝するのが「缶詰食品」ですね。

水が無くても、又調理をしなくても食べられる便利なグッズ。フルーツ、肉の加工品、野菜や豆、スープ、最近では開封するとまるで焼きたてのパンが食べられるものまで数多くの製品が手に入ります。

 

そんな缶詰食品の中で、高い栄養価を持ち、とくにカルシウムをたっぷりいただけるのが、さばや鮭などを水煮加工したもの、いわゆる鯖缶、鮭缶などです。

 

これらにはDHA(ドコサヘキサエン酸)をはじめとする身体にうれしい必須脂肪酸が豊富に含まれています。魚の骨がまるごと食べられる為、不足しがちなカルシウムと良性タンパク質を摂取出来ます。そのままいただいても美味しいですが、煮汁と油を鍋で熱し、そこに野菜と保存食用のお米や冷やご飯を入れて数分煮込み、仕上げにチーズを少量のせた「スープリゾット」もお腹を温め消化も良くおすすめです。

 

また、オイルサーディンの缶詰は皮膚炎などをおさえるEPA脂肪酸、ビタミンが豊富。イワシを買って調理するのは中々大変ですが、オイルサーディンは缶ごとトースターで焼くだけで立派なおかずになります。

 

ついついためこんでしまいがちですが、備蓄食品には消費期限があります。

日頃不足がちな栄養素が取れ、なおかつ美肌に効果的な魚の缶詰食品。忙しい時こそ積極的に利用して、血液サラサラ&美肌を目指しましょう!

まつげの美しさをつくる「エマーキッド」がすごい